キャッシングするならちゃんと比較してから

cashing-hikaku

クレジットカードのポイントとかマイルに交換できるし、提携するお店によってはポイントが何倍も付いてお得になるので、比較してポイントが溜まりやすいクレジットカードを作るようにしているし、キャッシングする際の金利の比較やリボ払いの条件も比較しています。

同じように消費者金融でどうしてもお金を借りたい場合は、金利の比較以外にも借入限度額の比較や、審査が厳しいかどうかなども含めて見当するべきですし、土日や夜中でもキャッシング出来るかどうか、お金を受け取るときに提携のATMが近くになるか、引き出す際に金利や手数料が掛からないかなど含めて比較しておくべきですよね。

キャッシングするときは、急な出費などでお金がいるって事が多いので、とにかく急いで借りられるのであればどこでも良いから、確実に審査が通るような消費者金融や街金を探しがちですが、実際は金利も全然違うので要注意です。

キャッシング比較調査隊のサイトだと、いちいち自分で調べなくても金利が低いとか審査が早いなどの条件で比較してくれているし、毎月新しい情報が掲載されているので、出来るだけ早くお得なキャッシングサービスを探したい人にはとても参考になります。

大手の消費者金融も沢山CMしていて、アコムとかアイフルとかレイクとか、それぞれの安心感があるのは間違いないけど、実際の借入条件は全部違うって言う事を忘れて借りたら絶対に損すると思います。

消費者金融だけじゃなくて、審査にとおるのであれば絶対に銀行カードローンの方が金利も安いのでお得だし、審査スピードを急がないのであれば借入限度額も高額になっていて、例えば三井住友カードローンとか三菱東京UFJ銀行バンクイックとか、一千万円以上もカードローンで借入出来るらしい。

これは年収も高い人で無いと審査にとおらないし、年収だけで無くて勤務年数とか、会社の信用度なども問われるから一般人では無理だけど、そういった自分の条件と借り入れる目的や借り入れる際の条件を比較して、一番自分に合う条件のキャッシング会社を選ぶのが大事ですね。

異議ありなので支払督促申立書を返送するぞ

裁判所から支払督促が届いて慌ててしまう人は多いかと思います。
普段の生活ではあまり裁判所とかかわり合いを持つ人は多くないですし、
どこかドラマや映画、あるいはニュースなどの遠い世界の場所のイメージを持っている人が多いでしょう。
多額の借金をしていて、多重債務者になり、それが返せなくなってしまったという場合に
この支払督促状がきたら、ある意味、予想通りといいますか、こちらも
心当たりがあるので驚かなくてもすむかもしれませんが、
特に大きな借金をしていなくても、ついうっかり借りたお金や利用料などを
払いそびれてすっかりその事実も終わったものだと忘れていた・勘違いしていたとしたら
本当に急に問題が出てきてしまったようで、つい取り乱しがちになるのが人間というものでしょう。
もし、そんな事態になってしまったときに頭の片隅に入れておくといいのが
街角法律相談所というものです。
全国で200件もの債務整理を得意とする法律相談所が登録しているサイトです。
借金相談シミュレーターという匿名無料診断サービスを24時間受け付けているので
不安に思ったらすぐに利用することができます。
正直、借金問題は素人がどうこうしようとするよりも、法律の専門家の
力を借りたほうが早く、確実に問題解決することができます。
しかし、法律の専門家である弁護士や司法書士であっても、借金問題解決を
得意分野にしている場合と、そうでない場合では問題解決の結果や早さにやはり差が出てきます。
刑事事件メインの弁護士や、不倫問題を得意とする弁護士、あるいは
企業間などの争いを扱う弁護士に相談しにいっても、結局は借金問題を
得意分野にする弁護士を紹介されるということになりがちで、
それでは二度手間になってしまいますよね。
街角法律相談所はそういう二度手間にならないように
予め得意とする弁護士・司法書士に相談できる入り口だと思っておいてください。
私自身も以前、うっかり料金滞納が原因で支払督促状が届き、
裁判所で債権者と話し合い・調整したことがあります。
そのときにこちらのサイトで知った司法書士の先生に大変お世話になり
本当によかったと思っています。
なんせ、そのときの私は異議があるので支払督促申立書はどういうときに送ったらいいものか
また、それを送ったらどのような効果があるのかということすら知らない有り様でしたから。
費用もそれほどかからなかったので、お金がない人でも安心ですよ。

闇金の取り立てと本気で闘ってやる

事態がようやく終息(?)したかな?って感じなんでちょっとネットで愚痴らせてください。
実は、闇金融の取立ての被害にあってたんですよ~(>_<)
いやね、自分自身が、そういうヤミ金からお金借りてたんだっていうなら
自業自得っていうか、諦めもつくっていうか、少なくとも、弁護士なりの
専門家に電話相談なりメール相談なり解決に向けて動くっていうこともできるじゃないですか。
でもね、私自身が借金してたっていうわけではなくって、アパートのお隣さんが
どうもヤミ金業者からお金借りてたらしくって、しかもお決まりのように
返済を滞納したらしくって、昼夜問わずに業者が怒鳴りこんできて、
めっちゃ怖いし、夜もそのたびに起きちゃったりしてさ…。
いや~、ヤミ金業者の取立ては怖いっていうのは聞いてはいたけど
実際にこうやって本当に取立てに触れる機会もなかなかなかったりするから
本当の意味ではよくわかっていなかったんだなぁって感じ。
結局、アパートの管理会社にアパートの他の住人さんが連絡したらしくって
その人は退去することになったんだけど、退去してもしばらくは
ヤミ金の取立てはきてたんだよねぇ…結局、警察出動であちらさんも諦めたっぽいけど。
今のアパートって立地的にも間取り的にも気に入ってて、酷いトラブルあっても
これで離れるっていうのはもったいないって思ってたから、本当、ほっとしています。
実際凸だけじゃなくって、電話もずっと前から鳴りまくってたのも迷惑だったんですよね。
ヤミ金案件を取り扱っている法律家とかいるんだから、さっさとそういうとこに
相談にいけばいいのにって思ってたんですけど、全く動かなかった隣の人にも
すごくムカついています。
ヤミ金に全部身ぐるみ剥がされて路頭に迷ってしまえ!くらいには思っちゃう。
てか、基本的に借金する人はダメですね…そりゃマイホームローンとかそういうのくらいは
借金するのも仕方ないよなって思うけど、そういう大きな買い物でもないのに
消費者金融なんかでカードローン利用するだけでも計画性がすでにないよなって思うし
まだまともな正規の消費者金融すらも利用できずにヤミ金融業者に走るしかないって
どんだけ信用のないような人間だって軽蔑してしまいます。
これまで、自分自身に被害が及んだりすることがなかったから
まあ、利用したい人は自己責任で利用すればいいんじゃない?くらいに
思っていたことすら今では否定したい気分なんですよね。

専業主婦でも借りれるキャッシングって大丈夫?

sengyoshuhu-cashing

審査が甘いキャッシング会社紹介とか、専業主婦でも借りれるカードローンとかネットで見かけますが、以前無審査で貸してくれる消費者金融の会社ってところに申し込んだら、金利が法外で直ぐに闇金業者だと分かり止めた事がありました。

専業主婦は無職なのでお金が借りられないと思っていたので、無審査で融資してくれるとか聞くと驚きながらも疑っていましたが、やっぱり甘い話には裏がありますね。

でも、専業主婦でも借りれるキャッシングって、実際大手の銀行カードローンとか借りられるから、そっちを利用すれば金利も消費者金融よりずいぶん安いし、もちろん闇金業者などと違って信頼できるから良いですよね。

銀行系のカードローンで専業主婦でも借りられるのは、みずほ銀行カードローン、新生銀行カードローンレイク、三菱東京UFJ銀行バンクイック、ジャパンネット銀行カードローン、じぶん銀行カードローンだから、結構一杯あるんですよね。知らないだけで。

他にも実は専業主婦が消費者金融からも借りられる枠があるんだけど、配偶者貸し付けって言って、旦那の年収とかを元に審査されて名義は妻名義でOKというものだから、これだったら旦那名義で普通に消費者金融からキャッシングしても変わらないと思うけど便利だよね。

実際、専業主婦がキャッシングしたいときって、旦那様に内緒で入り用のお金があるとか、旦那様には心配を掛けたくないお金を用意する必要があるとか、堂々と借金できない事情があるから自分名義で借りたいわけで、そうなるとやっぱり銀行のカードローンを利用して限度額が低くても金利も低いから我慢して利用するのが一番かしこいわけで。

専業主婦でもOKとはいえ、銀行のカードローンだからもちろん審査がきびしいけど、銀行と同じグループの消費者金融の会社が銀行カードローンの保証会社になっているらしいから、結局消費者金融の会社の審査を受ける内容も同時に通らないといけないわけですね。

専業主婦って外で仕事してないだけで大変な労働なんだけど、お金を借りようと思ったら返済能力の有無が問われるわけだから、そりゃ収入無いってことで返済能力があるわけ無いんだけど、それでも貸してくれる銀行カードローンって神様のような存在だね。

子供の学費や服代、食費やら光熱費まで、旦那の少ない給料でやりくりしてたら自分のお小遣いも無いわけだから、ちょっとくらい専業主婦でもキャッシングしないと遊びに行くお金すら無いって事ですよね。

キャッシングしたいけどデキない自己破産経験者

若い頃からギャンブル全般が好きだったのですが、社会人になってからは仕事のストレスで
それまで以上にますますのめり込むようになってしまいました。
特に、近場で済ますことができるパチンコに頻繁に通うようになったのですが
やはり、行く回数が増えるとそれだけ使うお金も増えていきます。
もちろん、常に負けっぱなしというわけではないのですが、勝つこともあるからこそ
負けてもまた次やろうと思ってしまうんですね…。
そうこうしているうちにパチンコへの依存度がどんどん上がり、お金がなくなっても
まだやりたいと思ってしまうようになり、すぐに消費者金融でのカードローンに
手を出すようになってしまいました。
一旦、お金を借りてしまうと、歯止めがきかなくなり、すぐに借金の額が
増えていき、やがて、借りている業者が1社だけでは限度額いっぱいになってしまい
他の消費者金融や銀行のローンにも手を出すようになってしまいました。
もちろん、だんだん大きくなっていく借金額にこのままではやばいなと
わかってはいたのですが、パチンコをしたいという欲求に打ち勝つこともできず、
またパチンコへの依存が借金の理由なんて恥ずかしくて他の人に相談することもできませんでした。
しかし、そうしているうちに借金の返済のために新規に借金をするという
自転車操業状態に陥ってしまい、いよいよもう、首が回らなくなりました。
借金の返済の督促の電話が頻繁にかかってくるようになり、それに怯える毎日。
一時期はあまりにつらくて自殺も考えたことがありました。
ほとほと困っているときに、様子がおかしいと思った知人から、どうしたと
問われ、ついぽろっと借金で困っているということを口にしました。
その知人は驚いた様子でしたが、すぐに、弁護士に相談したほうがいいと
自分を励ましてくれ、知り合いの弁護士を紹介してくれました。
私には、特にこれといった財産もなく、自己破産しても失うものも少ないため
返済の義務がすべてなくあんる自己破産がやはりいいだろうということで
弁護士に自己破産手続きをお願いすることになりました。
法律の知識など皆無の私ですが、弁護士にすべて任せるだけでよかったのでとても心強かったです。
全く、世間的にはお恥ずかしいかぎりの私ですが、もう一生、二度と
ギャンブルには手を出さずにまっとうに生きて行きたいと思っています。
借金のせいで生きるか死ぬかを迷っている人には人生をやり直す方法が
あるんだということを自分はお伝えしたいと思います。

トイチどころじゃ無いヤミ金の高金利

昔ミナミの帝王って映画でもトイチと呼ばれる10日で1割の利息が付く高金利が闇金融と有名だったが、実際はトイチどころか、トサンやトゴと呼ばれる、10日で3割、10日で5割といった信じられない高金利なのがヤミ金での当たり前だし、もちろんそれ以上の金利のところもある。

パチンコ金融とかギャンブル金融なんて、少額から数百万単位で借金する人がざらで、今すぐ勝負したいから借りるギャンブラー以外にも、多重債務で通常の消費者金融ではブラックだから借入出来ない人に対して融資するのがヤミ金だ。

090金融とも呼ばれる理由は、店舗や事務所が無いので携帯でやり取りをして、他人名義の口座に振り込んでというやり取りだからで、もちろん全て他人名義だから捕まりにくい。

それら他人名義の口座も携帯電話も、全ては借金のかたに無理矢理借りさせられたり、美味しいバイトがあるからと言って複数の携帯電話を借りさせるという手口もあるから成り立っている。

最近ではインターネットでも融資が甘い消費者金融とか、ブラックでも借りられるとか、甘い言葉で集客して借りる時は丁寧な印象ですが、すぐに態度が変わって恐喝に近い取り立てを行う業者も少なく無い。

完済させない悪質なヤミ金も多くて、言いがかりを付けては返済をさせず、少しずつ口座に振り込んできてまた金利を払わされるなど、恐ろしいほどむちゃくちゃな手口が多い。

こうなると警察だけでは絶対駄目で、ちゃんと弁護士協会に相談することが大事なんだよね。